個別指導に特化した予備校

個別指導に特化した学校の特徴

個別指導に特化した学校の特徴本番入試試験を前に、余裕を持つことは大きな武器になるひとりひとりの生徒の面倒見が良い傾向がある

大学受験などにおいて、予備校選びは重要なポイントになることは間違いありませんが、万一自分に合わない予備校を選んでしまっては本当に後悔をしてしまうことになりかねません。
そこで今回は、予備校選びをテーマに皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
学校の形態はいろいろですが、特に個別指導に特化した学校の特徴を中心にみていきます。
これから本格的に受験勉強をしようと感じている方や、中学や高校の定期テストのスコアをアップしたいと考えている方に参考になるよう詳しく解説をします。
個別指導の特徴はいろいろありますが、なんと行っても大きな魅力はそれぞれの生徒の現状の学力に合わせて勉強を進めることができる点にあります。
従来の授業形式の予備校では、生徒の理解度に関係なく授業が展開していきますので、その授業のレベルに合っていない生徒にとっては、大きな時間の無駄に繋がる可能性があることはよく言われることです。
その点個別指導は集団授業とは違い生徒ごとに合わせていますので、スタート時の学力は基本的に関係ありません。
仮に志望校と現在の学力がかなり離れていたとしても、基本から始めることができるのです。
必要とあれば、かなり前にまでさかのぼり基本の習得を目指すことになるので、確実に実力を養成できるのは大きなメリットです。
また、個別指導は得意科目を確実な得点源にするのにも役に立ちます。
集団授業のような一定のペースではないため、得意科目や分野に関してはどんどん先取り学習をすることができます。

BOSSなのに、コーヒーじゃない!
甲斐ヨビ前の自動販売機で発見しました。

す、すぱいしー。


pic.twitter.com/9b87XSW16P

— kaiyobi 甲斐大学予備校 (@kaiyobi_kofu) 2018年12月19日